クリックで拡大します

紳士革靴のメンテナンス(磨き)をほどこしました。
靴の表面がかさついていたので、革に栄養分をあたえて磨きました。
つま先がすれていたので、カラーワックスをぬりこみ、傷をかくしました。
最後に特殊コーティングをして終了です。見違えるほどきれいになりました。

革は人間の肌と同じで、お手入れをしないとどんどん油分がなくなり、かさついてしまいます。
まめにメンテナンスをしてあげれば、何年も綺麗に履けます。

お困りの方はお問い合わせ下さい