Theoryの白いブラウスのえりまわりと脇が黄ばんでしまっている品物のご依頼です。



汗など、皮脂の汚れが付着して放置してしまうと、シミが変色して黄ばんでしまいます。こうなってしまうと通常のクリーニングや、しみ抜き処理を施しても綺麗にならない事がほとんどです。


なぜなら、汚れてしまった所は、長時間の放置により、酸化変色と言う症状を起こしています。

汚れが酸素に長時間触れていると、変色や退色してしまいます。着用したすぐ後には気が付かなくても、体に触れた部分は皮脂などの汚れが付きます。そして時間が経過していくと、 その場所が変色して黄ばみになってしまいます。このような経験ありますよね?

シミが酸化して変色してしまう・・・これはもうシミではなく、変色なのです。

 

特殊技術を駆使して、変わってしまった色を元の綺麗な色に戻していく作業を開始します。

 

何重にもなっている汚れの膜を一枚ずつ剥がしていく作業を繰り返し行います。

しかしここで注意点があります。シミや汚れが長く付着している所は、生地が弱ってしまっていたり、染色が弱くなっていたりする事がありますので、作業中に生地に穴が開いてしまったり、綺麗に復元したのに元の色がなくなっている場合があります。(生地の色がなくなっている場合には染色補正で目立たなくします)

生地と染色の異常を注意深く観察しながらの作業を続けます。



今回のケースでは、生地にも染色にも特に問題はなく綺麗に復元できました。

 

このような作業はとても時間などが、かかってしまいますので、納期は長め料金は高めになってしまいます。

ですので、着用した衣類は早めのクリーニング処理を施し、衣類に汚れを蓄積させない事をお勧め致します。

 

『生地を傷めてしまうので、これ以上の染み抜きはできません』などのメッセージカードが添えられて、あきらめてしまっている洋服はありませんか?

あきらめて捨ててしまう前に、お気軽にご相談下さい。

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区の一部地域宅配致します。

その他の地域は宅急便などでのお預かりも致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

シミや汚れ、洋服のクリーニングでお困りの方、裾上げなどファスナー修理や穴修理などの洋服お直しも致します。

お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。   担当 遠藤

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。