9月も後半に入り、スーツにネクタイ着用の衣替えシーズンが来ますが、夏の衣替え時に、クリーニングせずに仕舞いっぱなしのネクタイなど汚れていませんか?


本日の作業事例は、着用を繰り返し皮脂などの汚れが蓄積され変色してしまったと思われるネクタイの染み抜きです。

487

ちょうど結び目部分が黄色くシミ(変色)になってしまっています。

このようになってしまうと、残念ながらクリーニングや通常のしみ抜き処理では落ちません。

 

そこで、特殊しみ抜き処理、復元加工を施します。

 

技術と染み抜き剤を使いシミを少しずつ分解していきます。何層にもなっている汚れを分解して、生地色を再生し元の綺麗な色を取り戻します。

 

この作業はとても繊細な作業です。

変色して時間がたってしまうと、生地の劣化や染色の異常などがおきる場合があります。

生地の劣化がひどいと、作業中に穴があいてしまう恐れもあります。

染色の異常があると、綺麗になった後、生地の色がなくなってしまっている場合があります。
(この場合は染色補正で補います)


 

生地の傷み!!染色に異常がないか!!よ~く観察しながら慎重に作業を進めます。

今回のケースでは、少し生地の劣化と染色の異常がありましたので、補正し、わからない程度までのお直しとなりました。

488

着用後、汚れが酷くなる前に、信頼のおけるクリーニング店などでご相談下さい。

シミや汚れメンテナンスなどで、お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

家庭洗濯でのトラブルなどの質問もお答えできる範囲でお答えします。   担当 遠藤

 

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区(一部地域)宅配も致します。その他の地域は宅配便などでのお預かりも致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。