HICKEY FREEMANの右ラペルにシミが付着しています。



何がついてしまったのか不明のシミでした。気がついた時にはシミになっていたそうです。

ついてしまったシミの種類がわかれば、生地の種類とそのシミにあわせた染み抜き作業を施します。


今回の事例のようにシミの種類がわからない場合、手探り作業での染み抜きになります。

 

シルクの生地を使用したジャケットですので、染み抜き作業も慎重に行わなければなりません。シルクの生地は、擦れなどで毛羽立ち色味が変わってしまう恐れがあります。

 

シルク生地を傷めないように、慎重に作業を行いシミの除去に成功しました。



『生地を傷めてしまうので、これ以上の染み抜きはできません』などのメッセージカードが添えられて、あきらめてしまっている洋服はありませんか?

あきらめて捨ててしまう前に、お気軽にご相談下さい。

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区の一部地域宅配致します。

その他の地域は宅急便などでのお預かりも致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

シミや汚れ、洋服のクリーニングでお困りの方、裾上げなどファスナー修理や穴修理などの洋服お直しも致します。

お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。   担当 遠藤

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。