振袖の袖の部分にシミの付着してしまった品物のご依頼です。

379

 

何を付けてしまったのかわからないシミでした。

付いてしまったシミの種類がわかれば、生地の種類とそのシミにあわせたしみ抜き剤を使用します。

しかし、今回の事例のようにシミの種類がわからない場合、手探り作業でのしみ抜きになります。

生地と染色にたいして、なるべく安全なしみ抜き剤を一つずつ試していきます。

しみ抜き剤をシミに浸透させては、濯ぐ作業を繰り返します。

 

今回のお品物の場合、振袖でしたので生地の素材が絹です。絹は独特の光沢があり、しみ抜きで、染色にも影響を及ぼしやすい生地です。

しみ抜き作業で、その光沢が失われないように、生地の色の変化に注意しながらの繊細な作業になります。

380

 

今回のケースの場合は、光沢や染色に影響を及ぼすことなく綺麗になりました。

 

シミや汚れメンテナンスなどで、お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

家庭洗濯でのトラブルなどの質問もお答えできる範囲でお答えします。   担当 遠藤

 

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区(一部地域)集配も致します。その他の地域は宅配便などでのお預かりも致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。