婦人シャツの右わきと右前にシミの付着してしまった品物のご依頼です。

301

仕舞っておき、着ようと出してみたら染みになっていたとの事でした。


洗う前からの汚れジミなのか?洗っても取れなかった汚れジミなのかは不明でしたが、かなりのお時間がたっているので、このようなケースの染みはクリーニンング処理、通常の染み抜き処理では落ちない事がほとんどです。

汚れジミは長い時間経過で酸化し、変色してしまいます。そうなってしまうと、普通のクリーニング店では落とす事は難しいのです。

 

今回の事例では、特殊染み抜き処理を施します。

 

時間の経過と共にシミは幕を作ります。何層にもなっている汚れの膜を一枚ずつ壊し、元の綺麗な色を取り戻します。

この作業はとても繊細な作業です。シミの付着している部分は長い時間の中で、生地と染色がおかされている場合があるからです。

生地が弱くなっていたりすると、作業中に穴があいてしまう事もあります。

染色が弱っていると、シミを除去したものの色がなくなってしまっている場合があります。
(この場合は染色補正を施し目立たなくします)

こういったことに気を配りながらの慎重な作業を施します。

 

今回のケースでは、生地にも染色にも問題なく元の綺麗な色への復元が完了しました。

302

シミや汚れメンテナンスなどで、お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

家庭洗濯でのトラブルなどの質問もお答えできる範囲でお答えします。   担当 遠藤

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区(一部地域)宅配も致します。その他の地域は宅急便などでのお預かりも致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。