ライブアップのジャケットのラペル部分にシミの付着してしまった品物のご依頼です。

571

気が付かないうちにシミが付いていたとの事で、ついてしまったシミの種類は不明でした。

 付いてしまったシミがわかれば、生地の種類とそのシミにあわせたしみ抜き剤を使用します。

 今回の事例のようにシミの種類がわからない場合、手探り作業でのしみ抜きになります。

 

まず、気がつかないうちにシミが付いていたとの事でしたので、シミが付着してから時間の経過がないか?確認しながらの作業となります。

 

シミが付着してから時間がたってしまうと、生地の劣化や染色の異常などがおきる場合があります。

 生地の劣化がひどいと、しみ抜き作業中に穴があいてしまう恐れもあります。

 染色の異常があるとしみ抜き後、生地の色がなくなってしまっている場合があります。
(この場合は染色補正で補います)


 

いろいろとチェックをしながら、しみ抜き作業を開始します。

 

まず生地の種類にあったしみ抜き剤を一つずつ試していきます。

しみ抜き剤をシミに浸透させては、濯ぐ作業を繰り返します。

 数種類のしみ抜き剤を試しましたが、綺麗にシミは落ちませんでした。

 

そこで、シミがついてから時間が経過していたと思われました。

シミは付着してから時間が経過してしまうと、酸化して変色してしまう事がよくおこります。

そこで、酸化して変色してしまった場所を元の綺麗な色にもどしていく作業を開始します。

 

生地への傷み、染色に異常がないか注意深く観察しながら慎重に作業を進めます。

特殊な染み抜き剤を使い、しみ汚れを分解して、生地色を再生していきます。
元の綺麗な色を取り戻します。


572

今回のケースでは、生地にも染色にも問題なく元の綺麗な色への復元が完了しました。

 

シミや汚れメンテナンスなどで、お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

家庭洗濯でのトラブルなどの質問もお答えできる範囲でお答えします。   担当 遠藤

 

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区(一部地域)集配も致します。その他の地域は宅配便などでのお預かりも致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。