グレーのセーターの前身に数か所シミが付着してしまった品物のご依頼です。



仕舞っておいて、着ようと思ったらシミがついていたとの事で、ついてしまったシミの種類は不明でした。

ついてしまったシミの種類がわかれば、生地の種類とそのシミにあわせた染み抜き作業を施します。


しかし、今回の事例のようにシミの種類がわからない場合、手探り作業での染み抜きになります。

 

数種類の染み抜き薬を使用して、シミの除去を試みましたが、シミは落ちませんでした。

仕舞っておいたとの事でしたので、シミが付着してから長い時間がたってしまったと思われます。

 

シミが付着してから時間がたってしまうと、シミは酸化して変色してしまいます。

変色!?・・・シミではなく、色が変わってしまうのと同じ事なのです。ですので、染み抜き処理では変化はおこりません。

 

そこで、特殊な染み抜き技術を駆使して、変わってしまったおかしな色から、元の綺麗な色を取り戻します。

生地の傷みや染色などの変化に注意しながら慎重に作業を進めていきます。



 

今回のケースでは、生地にも染色にも問題なく復元が完了しました。

 

『生地を傷めてしまうので、これ以上の染み抜き処理はできません』などのメッセージが書いてあり、あきらめてしまっているお洋服はございませんか?あきらめて捨ててしまう前に、お気軽にご相談下さい。

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区の一部地域宅配致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

シミや汚れメンテナンスなどで、お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

家庭洗濯でのトラブルなどの質問もお答えできる範囲でお答えします。   担当 遠藤

 

いろいろな事例をご紹介しています。作業事例より各事例をご覧ください。