写真クリックで拡大します


                    

浴衣の染み抜きのご依頼をいただきました。

 

知らないうちに染みが付着していて、いつ付着したのかわからないとの事でした。

 

そのような場合はまず、通常染み抜き処理を施します。

 

しみを落とす手順にもとずいて、薬剤を使い、しみの変化を注意深く見ながら慎重に

処理を進めていきます。

 

今回のケースでは、通常シミ抜き処理では変化がありませんでした。

 

しみは、付着してしまってから長い時間が経過してしまい酸化して変色しているようでした。

 

このようなケースの場合、特殊シミ抜き処理、リメイク加工を施します。

 

浴衣はとても色が落ちやすいので、しみを取りながら、浴衣の色が落ちないように細心の注意

で作業を致します。

 

今回は、染色に問題を残すことなくシミが綺麗にとれました。

 

染みなどが付着してから時間が経過してしまうと、染みは落ちにくくなります。

染みが長く付着している所は、染色を弱め生地も痛めてしまいますので、穴が開いてしまったり

色が抜けてしまうこともありますので、汚れてしまった衣類は早めの処理が必要です。

 

染みや汚れなどでお困りの方は是非一度ご相談下さい。   担当 遠藤

 

 

多数事例をご紹介しております。ブログカテゴリーより各事例をご覧ください。

 

 

埼玉県、八潮市全域、草加市・三郷市・足立区(一部地域)宅配致します。お問い合わせ下さい